Long-term transition of residential zone types and travel behavior in cities of Japan

全国都市の住宅地特性とその交通行動特性の長期的変化

The government is promoting compact city with multipolar networks. In order to consider inducing measures for attraction of urban functions and residents in siting optimization plans, it is important to analyze the long-term change of residential zone characteristics and its impacts on travel behavior in neighborhood scale. This study aims to classify residential zone type and analyze change of land-use regulation, population density and automobile fuel consumption and modal share in residential zones in both 1992 and 2010. It was clarified that all characteristics are changed in local cities. In satellite cities in metropolitan area, zones far from city center or train stations were developed with the change of land use regulation and increase of automobile use.2014年に都市再生特別措置法の一部が改正され、政府が本格的にコンパクトシティ・プラス・ネットワークの実現に向けて舵を切った。これを受け、各自治体で立地適正化計画の策定が進められている。この実現には、自治体を越え都市圏全体の視点から、住区レベルで都市機能・居住誘導施策や交通整備施策を検討する必要がある。その検討材料として、全国を対象に長期的な住宅地特性変化と交通行動特性への影響を把握しておくことが重要である。そこで本研究では、2時点の全国都市交通特性調査の共通調査住区を対象に住宅地タイプを分類し、土地利用規制、人口密度等の住区特性と自動車燃料消費量の変化の関連を分析する。分析の結果、地方中心都市では全ての特性の変化が激しい一方、大都市圏衛星都市では都心や駅から遠い住区で土地利用規制の変更を伴う開発が行われており、自動車利用が増加したことがわかった。

Language

  • English
  • Japanese

Media Info

Subject/Index Terms

Filing Info

  • Accession Number: 01684658
  • Record Type: Publication
  • Source Agency: Japan Science and Technology Agency (JST)
  • Files: TRIS, JSTAGE
  • Created Date: Oct 25 2018 3:03PM