Market Penetration Potential of Electric Vehicles for Domestic Use by Regional Classification

自家用車の利用実態からみた電気自動車の地域別普及可能性

The objective of this paper is to evaluate the market penetration potential electric vehicles for domestic use by regional classification. Based on the questionnaire survey on private-vehicle for car owner, the authors analyze frequency of long-distance or short-distance drive, the longest-distance drive per day, and annual mileage. Two different type of regional classification are developed by using mesh -based data of geographic information system (GIS). It has been observed that indicators of socioeconomic characteristics such as population density, aging rate, and housing can be used to clarify regional differences in private vehicle use. The main result of case study shows that the areas of high potential of EVs are the mountainous areas and regional cities.本研究の目的は、電気自動車の地域別の普及可能性を明らかにすることである。まず、2011年1月に実施したアンケート調査により収集した自家用車の利用データにより、自家用車の利用実態と、それらを規定する要因を特定した。次に、関東圏を対象に作成した地域類型を用いて、地域類型別の自家用車利用の比較分析を行った。自家用車利用の規定要因では、自家用車の保有台数や年間走行距離、1日当たりの最長走行距離は、世帯・個人属性と居住地特性や車両属性などの影響をうけ、利用頻度は、長距離では年齢と鉄道の利便性、短距離では世帯属性よりも居住地特性・車両属性による影響をうけることがわかった。また、人口や住宅等の居住状況による「居住類型」を用いて、EVの走行可能距離や経済的な優位性、充電利便性の条件を総合的に分析した結果、EV適合車両の比率は、近郊外・外郊外と都心から外縁部にいくほど高まる傾向があることが明らかとなった。

Language

  • English
  • Japanese

Media Info

Subject/Index Terms

Filing Info

  • Accession Number: 01599686
  • Record Type: Publication
  • Source Agency: Japan Science and Technology Agency (JST)
  • Files: TRIS, JSTAGE
  • Created Date: Apr 25 2016 3:01PM